賃貸物件を借りるときの基準について

短期賃貸マンション。ウィークリーとマンスリーはどこが違う?

短期間限定で住むところを借りる場合の選択肢としてマンスリーマンションやウィークリーマンションがあります。一般にこれらは短期賃貸マンションと呼ばれますが、一体どのような特徴や違いがあり、どこで探せばよいのでしょうか。大きく分けるとマンスリーマンションは賃貸業、ウィークリーマンションは旅館業と認識されています。法規も前者が定期借家権法、後者が旅館業法です。前者は事前申込みや入居審査が、時には保証人が必要になりますが後者にはそれがありません。ホテル同様空きがあれば面倒な手続きをしないで借りることができます。契約期間はマンスリーマンションが月単位、ウィークリーマンションが日単位から週単位になります。

それ以外は大きな違いはありません。敷金や礼金、保証金が必要ないこと、テレビ・ベッド・冷蔵庫・電子レンジなど生活用家具などがあらかじめ設置されていること、光熱費などの支払いが必要ないことなどは同じで、契約したその日から不自由なく生活ができます。

これらの物件の探し方としては違う冊子やサイトを見る必要があります。マンスリーマンションは通常の賃貸物件と同様住宅情報の媒体に募集案内が掲載されていますが、ウィークリーマンションは旅行業区分なので旅行案内の媒体で募集されています。

その他の記事

おすすめ情報

  • 丸の内で働く社長・鎌田和彦のツイートチェックはこちらから!