賃貸物件を借りるときの基準について

賃貸住宅に傷をつけないようにしよう。

賃貸住宅に住むときは、一般的に事前に保証金などのまとまったお金を支払う必要があります。
この保証金は、引越しをして部屋を出るときに、お風呂場のカーテンの交換や次の入居者のための掃除など、不動産会社から支給された物たサービスなどのお金を差し引いた分が、しっかりと返ってくることが多いです。
私も、賃貸住宅で一人暮らしをしていた時に、保証金がしっかり返ってきたので、とてもうれしかったと感じていたことをよく覚えています。
この保証金は、賃貸住宅に傷をつけてしまった場合など、補修費用として差し引かれてしまうこともあるので、部屋を傷つけないように大切に使うことが大切です。

賃貸住宅に傷をつけないように、私が注意したことは、床の保護です。
床は、毎日歩き回ったり、時には、何かものを落としてしまい傷つけてしまう可能性もあるので、注意する必要があります。
そこで私が注目したのが、コルクマットです。
部屋にコルクマットを敷くことで、おしゃれなお気に入りの空間をつくることができるだけでなく、床もしっかりと保護することができ、生活音も抑えることができるので、ご近所との騒音トラブルも避けることができるので、便利なアイテムだと思います。

その他の記事

おすすめ情報