賃貸物件を借りるときの基準について

ペットと住める賃貸住宅で心地よく暮らしてゆくためには

ペットと一緒に暮らしている人、あるいはこれからペットと暮らしたい人が賃貸の住宅を借りるのは、ペットがいない人に比べるとかなり難しいでしょう。ペットがいる事により、色々制限がついてしまうので、なかなか思い通りの賃貸住宅には住めない事もあるでしょう。

しかし、一昔前に比べたら、ペット可の賃貸住宅も増えてきてはいるでしょう。
例えば賃貸住宅にしても、新築のうちはペット可ではなかったけれど、ちょっと古くなってきて、住宅に空きが出てくるようになってから、ペット可になる場合も多いです。
またペットがいると、ペット礼金がかかったり、家賃そのものが高い賃貸住宅の事が多いでしょう。ですから、ペットと一緒に住もうと思うと、少し多めにお金がかかる事は覚悟しておいたほうがよいでしょう。またアパートやマンションなどの賃貸住宅ですと、壁が薄い場合、そして吠えることの多い犬の場合は苦情がくるかもしれません。自分の家の犬は吠えないと思っていても、飼い主がいない時に吠える犬というのは、かなりの割合でいるものです。
飼い主は自分の留守中に自分のペットが不安で無駄吠えしているという事は、誰かに指摘されないと気が付かないかもしれません。飼い主が常に家にいて、ペットだけで留守番をする時間があまりない家ならば問題は少ないでしょう。が、そうでない留守が多い飼い主の場合、近所の人達に迷惑をかける場合があります。
ですから、ペットと賃貸住宅に住む事を決めた場合は、近所の人との関係を常によくしておくという配慮も必要です。
仲良くしておけば、かなり大目に見てくれるのが人間ですから。

その他の記事