賃貸物件を借りるときの基準について

ペット可の賃貸物件の条件に付いて

若いころから動物が大好きで引っ越しをする際必ずペット可の賃貸物件情報を検索します。
都内在住の私は何度か引っ越しを経験していますが、ネットで賃貸物件の条件にペット相談の条件を必ずいれます。
すると、必ずと言っていいほど条件を追加した後と前での賃貸情報は半分以上減ってしまいます。
日本のペット事情は子供の人数より多いといわれる現代なのに、ペット可の物件が少なすぎることに毎回不満を覚えます。
半分以下に絞られた物件情報から物件を選んでいても必ずと言っていいほど目にする条件があります。


それは、ペット飼育の際敷金プラス1か月分。また、その1か月分は償却。いわば、ペットは飼ってもいいがペットを飼育した際どんなに気を使って生活していても、退去する際はその1か月分は返金しませんよというものです。
動物が大好きな私にとってはとても厄介な条件です。
ただ、不動産をしている友人から聞いた話で、不動産の方が条件付というのも理解できました。
やはり、ペット可の物件は、借りてと貸してのトラブルが多いそうで、壁などの傷、動物特有の匂いを消す際に大半の退去の際追加で修復金は請求しなくてはならないそうで、そこでトラブルになると聞きました。
ですので不動産会社では、そういったトラブル防止のため前金で1か月分もらうそうです。

ですが、個人的な意見としてはもぅ少しペット可の賃貸情報が増えるとありがたいです。

その他の記事