賃貸物件を借りるときの基準について

賃貸において、新築物件の注意点

賃貸を借りる際、新築物件ですと、自分が一番に使えるところが嬉しいですよね。部屋も新築ならではのきれいさがありますし、安心して住むことができると思います。ただ、新築物件ならではの注意しなくてはいけない点も、いくつかあります。新築ゆえに、前の住人からの評判などがないため、部屋の防音の程度などが、住んでみないとわからないという点です。見学の際に確かめることはできると思いますが、実際に周りの部屋に人が入ってみて、初めて分かる部分もあります。不動産屋に聞いても、その点はわからないと思います。

また新築なので、いっせいに引越してくる可能性もあります。小さめの物件ですと、引越しが重なってしまうと、階段等での荷物移動が大変になります。反対に大きい物件でも、エレベーターの使用が重なり、引越しだけでなく住人に迷惑がかかってしまうこともあります。事前に調べられるようでしたら、不動産屋に引越し希望日を伝え、周りの部屋の状況を聞いておくと安心です。

そして、私自身も体験したことなのですが、夏になり、日が直接当たるようになって、初めてシックハウス症候群が出たことがあります。日常生活では問題なかった部分でも、天候が変わることによって出てくるものもありますので、そういったアレルギーがある方は、どういった素材を使っているのかなども調べておくとよいでしょう。ある程度年数が経てば、消えてしまうものもありますので、あまりマイナスに捉え過ぎないようにしましょう。

その他の記事