賃貸物件を借りるときの基準について

賃貸の新築物件は換気に注意しましょう

賃貸の新築物件なのですけれども、既存の物件と比べて違う所があるのです。どういった所かというっと、それは、室内の湿気の事なのです。実は、新築の場合ですと、蒸発した湿気が部屋の中に溜まりやすいという特徴が有るのです。西側、あるいは、北側等、あまり日が当たらない部屋がありますよね。そういった部屋ですと、どうしても、湿気が溜まりやすくなってしまうのです。だから、こまめに換気をしなければならないでしょう。他にもクローゼット、シューズボックスがありますよね。もし、それが備え付けの家具でしたらどうでしょう。そこからも実は水分が蒸発してしまうのです。そうなると、非常に大きな問題が出て来るのです。例えば、扉の建て付けに営業が出てしまうのです。他にも合わせ目がずれてしまう可能性が出て来てしまうのです。これは注意をしなければならないのではないでしょうか。特にこのような問題は、新築五年間は気を付けなければなりません。

何故ならばコンクリートが乾ききっていない場合があるからです。だからこそ換気が必要になるのではないでしょうか。お風呂場には二十四時間換気という設備が付いているかもしれません。新築の場合ですと、ずっと付けておいても良いかもしれません。

その他の記事