賃貸物件を借りるときの基準について

新築の賃貸物件で気を付けたい傷の事

賃貸の新築物件では、とにかく、注意したいのは傷をつけてしまう事ですよね。生活をしていればどうしても、傷を付けてしまう場合も多いのではないでしょうか。しかし、それは意識するだけでも、全然変わって来るのです。意識すれば、傷を減らす事が出来るのは間違いありません。もし、傷をつけてしまったら、退居する事になった時に修繕費を請求されてしまうかもしれません。この修繕費はなかなか大きな物なので、注意が必要です。それにこの修繕費が一番トラブルの原因になりやすい物なので注意をしなければならないでしょう。例えば傷がつく原因としては何を思い浮かべるでしょうか。例えばキッチンに椅子を置いていたとしますよね。引きずったらもしかしたら、フローリングの床に傷がついてしまうかもしれません。これはとても問題があるのではないでしょうか。しかし、椅子の足の裏に、クッション材をつければどうでしょう。

あるいは靴下みたいな物を履かせるのも良いかもしれません。それだけ、フローリングで椅子を引きずっても傷が付き難いのではないでしょうか。他にも下の階に、音を響かせる事も少なくなるのではないでしょうか。だからこれぐらいはきちんとやっていた方が良いでしょう。

その他の記事