賃貸物件を借りるときの基準について

賃貸の新築物件で注意したい事はどんな事?

新築の賃貸物件に入居する時には前もって、部屋に大きな傷、そして、汚れが無いかどうか、不動産会社の方と一緒に確認をする必要があるのです。もし傷があったならば、管理者の方と双方一緒に確認をして、写真撮影をしておく事が重要だと思います。つまりそれは証拠保全なのです。どうして、そんな事をしなければならないのでしょうか。それは引越しをする時に無駄なトラブルを起こさないようにする為なのです。無駄なトラブルというのはどういった物なのでしょうか。それは、自分が付けた傷か、あるいは、そうでは無いのかをちゃんと確認をしておかなければならないのです。もし自分が付けていない傷ならばどうでしょうか。やはり、自分の責任では無いのに、修繕費を支払わなければならないというのは、とても辛いのは間違い無いのではないでしょうか。それは、気を付けなければならないと思います。新築の賃貸のトラブルは退去時の修繕費の支払いなのです。

だからこそ、ちゃんと管理をする側、入居者が、部屋の中を確認しなければならないのです。そして証拠を残しておくのです。そうしておけばトラブルになった時に、だらだらと泥仕合をしなくても住むのです。これはとても大切な事でしょう。

その他の記事